Entries

スポンサーサイト

包容力のある建築(その2)

■窓を開ける建築エアコンを使わないエクセルギーハウスの夏は、窓を開けはなしていて涼しい、と言う不思議なものです。春の早いうちから、秋の暮れまでと、窓を開けている期間が長いのも特色です。そして、冬は、空気の入れ替えで窓を開けても、すぐに暖かさが戻るという。これも不思議なものです。エクセルギーハウスの技は、窓を開けることができる包容力のある建物に仕上げることにあります。http://architecta.blog64.fc2.com/...

大きなテラス

■屋外で過ごす、狭い庭、道路にひらいていても:keyword■この家には、大きなテラスがあります。何人もが会話を楽しめる大きなテーブルが置いてあります。陽射しが透けて見えるようなオーニングがかけられています。でも決して庭が広いわけではありません。庭が広くないのは都会では普通のことです。デッキはそのまま、道路につながっています。ほとんど道路とデッキの間には数本潅木がある程度です。こんな感じでも、結構落ちつい...

小さいバルコニー

■バルコニーの工夫、屋外で過ごす:keyword■先日「広いバルコニー」について書きました。http://architecta.blog64.fc2.com/blog-entry-213.html今日は「小さくても工夫すれば、使えるバルコニーになる」を書きます。散歩したくなる季節です。家の近くのお薦めは、「野川のほとりです」三鷹から国分寺まで、その気になれば、2時間以上お散歩のできる、貴重なコースです。野川公園の近くに、小さいので看板を見落としがちですが、「...

広いバルコニー

■屋外で過ごす:keyword■ここは、なんと三鷹駅のまん前です。ロータリーのバスやタクシー、行き交う人の様子が分かります。こんなところに広いバルコニーがあります。気候がよくなってきました。風や雨が激しい日があるのが日本の特色です。でも、数えてみれば、屋外で過ごせる日もかなり多いことが分かります。「縁側の昼寝」「縁台の将棋」など、屋外暮らしの様子も、かつては結構あったようです。「夢のない時代」などと、マス...

包容力のある建物

■窓を開けることを基本とする建築:keyword■蒲団から抜け出せないような、寒い朝でも、母親は、家中の窓を開けて空気の入れ替えをしていました。私たちは空気中の酸素を吸って、二酸化炭素を吐き出しています。私たちが室内で過ごせば、室内の空気は二酸化炭素等の多い汚れたものになってきます。窓を開けることは大切なのです。関東以南の風土では、特に住宅では、この換気を換気扇やダクトに頼らず、手で、窓を開け閉めする方が...

Appendix

プロフィール

EXERGYHOUSE

Author:EXERGYHOUSE

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ FC2Blog Ranking 人気ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。