Entries

スポンサーサイト

ここね

■エクセルギーハウス吉祥寺にパン屋さん(keyword:地営業)地元に根ざした、地から離れない営みを増やしてゆこうと「地営業」普及の活動http://tassetasse2011.blogspot.com/2011/10/1_31.htmlが繰り広げられています。エクセルギーハウス吉祥寺の庭にも「ここね」というパン屋さんが誕生しました。「こなをこねる」「やっぱりここね」という地営業です。オープン日には行列ができて、あっという間に完売してしまったそうです。...

市場に出かける生活

■長距離トラックより、近くの市場:keyword■うちの彼女は、所用で月に一二回湘南の海辺へ出かけます。そのことが我が家の生活スタイルに変化をもたらすようになりました。肉や魚は、大好きですが、最近は月に何回という程度にしか頂かなくなりました。それだからこそ、新鮮なおいしいものを頂きたいと思います。普段の食卓は、ほとんど近所の野菜です。そのかわり、月に一二回、湘南の海辺の商店街から、新鮮な海の幸を買って来て...

木陰で食事

■庭の魅力、陽光の惠:keyword■矢野周二氏は、海外から、我が家のシェフにと乞われて、あちこちでお仕事をされていた方です。20年ぐらい前、どちらの夫婦も若かったころ、ずいぶん創作のこと、暮らしかたのこと、夜を徹して話しました。建築と料理はどこかつながっているところがあるのでしょう。それは楽しい時間でした。私たち夫婦は、ここのところ、ほとんど、野菜を切ったまま、茹でたまま、といったものだけを、本当においし...

善福寺公園のカワセミ

■地域の生き物たち、可愛い動物が見られる喫茶店、散歩:keyword■驚きました。善福寺公園で、カワセミが遊んでいるそうです。燃える太陽のオレンジと澄みきった深い淵の青の色を、自らの体を引き締めているかのように、きりっと纏っています。南国に見られるカラフルな鳥たちとは、ちょっと異なる面持ちの魅力的な鳥です。そのカワセミのくちばしの先にトンボがとまろうとしている写真がかざってありました。そこは、三鷹駅から玉...

心地よく最後まで使い切る

■心地よさ、素晴らしい石鹸:keyword■自分には、嫌いのものというのがほとんどありません。食べるものは、その地域に行けば、そこの風土すべての中に溶け込むのが心地よいといった生活を、無意識に始めてしまっている、という性質なので、その地域でおいしいといわれるものは、本当においしいと思っていただけます。そんなこと言ったって、「あなたにも好き嫌いがあるではないですか」とうちの彼女には言われます。その通りです。...

ルーツまでさかのぼる

■月桃紙、月桃の栽培、身近な資源性を有効に活用する:keyword■一番上の写真は、月桃紙で作られたシャンデリアです。紙の味わい、というものも、見事です。昨年11月末に、毎年恒例の研修会に行ってきました。食の安全を追及している生活クラブ生協が、同じように建築も追求しようということで、同生協組合員とともに、住まいづくりを進めてきています。そこに集まってきた設計士が、自分達のために開く研修会です。一昨年は朝5時か...

素晴らしい人生 La Vita

■お互いの存在を認め合う:keyword■イタリアは、私たち夫婦にとって、親しみ深いところです。40を越える頃に、10数年にわたって、毎年訪れることができました。私は、いずれの語学も得意ではありませんが、その場に親しめば、言葉が不自由でも、沢山のことに気づくことができるのは嬉しいことです。「differente」「違う、異なる」は、日本ではあまり良い意味に使われませんが、イタリアでは「違う」ということは良いことのようで...

池に花を咲かせる

■エクセルギーハウス川越、生活を楽しむ:keyword■7日のオープンハウス、様々な「生活の楽しみ方」の話で盛り上がりました。そして、地場の木材、生の漆喰、川越の町並み、地域づくりなど、楽しいお話を沢山伺えました。本当にうれしい会です。 ありがとうございます。思い出すと一年前、計画地に、以前のオーナーがまだお住まいだった時に、住まい手と一緒に伺い、素晴らしい池だから、「これを残せたらいいですね」という話になり、スケッ...

日本庭園

■さまざまな庭の楽しみ方、アレロパシー:keyword■高いところから海を見下ろしているように見えませんか。岬の先端に、松がせり出し、そのまわりを、さまざまな岸壁の樹木が覆っているように見えます。しかし、実際は、岸壁の緑と勘違いするところは、すべて苔なのです。日比谷のガーデンニングショーで、公園の一部にしつらえてあります。イベント用ですから、かなり毒々しいですが、実際の庭への導入をイメージする際には、その分を差...

本物の地ビール

■有機農業技術支援センター、日本唯一の”地ビール”■今まで味わったことの無い、おいしいビールです。まだ一般販売はされていないと思いますが、関心のある方は今のうちから、有機農業技術支援センターの、イベントや講習http://inasaku.or.tv/kenkyujo/2009_07/center_seminar.pdf#search='有機農業技術支援センター'に参加されることをお勧めします。稲葉先生の作られた、有機無農薬の麦、これは「米-麦-大豆」という肥料の入ら...

Appendix

プロフィール

EXERGYHOUSE

Author:EXERGYHOUSE

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ FC2Blog Ranking 人気ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。