Entries

スポンサーサイト

電線の入らない電気の活用

■驕り過ぎていないか:keyword■私たちは、たった100wで生きています。走り、運び、考え、工夫する。そうした多くをこなす人間は、電気等のエネルギーに換算すると、おおよそ100wで毎日動き続けることができています。たったの100wでそれらの仕事を片付けてくれるのです。身の回りに、これほど効率の良い機械があるかどうか探してみてください。自然が与えてくれたもの以上に効率の良いものはないのでは、と気がつきま...

甲斐さんのお話(その1)

■「便利であると関係性が薄れる」:keyword■甲斐徹郎氏は、「環境共生」のプロモーター、プロデューサーとして活躍されています。いつも、親しみやすく、分かりやすく大切なことを伝えておられます。http://www.teamnet.co.jp/gaiyo/gaiyo.html先日もお誘いを頂き、いろいろと勉強してきました。いつもいつも、育てていただいています。・・・・・・・「電子レンジなどの便利調理器具が発達していなかった時代には、皆で一緒に食事...

便利なことが必ずしも合理的ではない(その3)

■環境を救う建築、エクセルギー、水資源開発コスト:keyword■実は、100年ぐらい前までは、日本人の多くは、湧き水や、沢のあるところに集い、住まい、暮らしていたことが、分かってきました。その他には、浅い井戸に頼る人、雨水を甕に溜める人などさまざまだったようです。そうした水を汚さないようにして、かつ、体に害をもたらさないようにして、活用する技術は、現在なら、いくらでもあります。しかし、公共水道が誕生したおかげ...

便利なことが必ずしも合理的ではない(その2)

■環境を救う建築、エクセルギー、公共下水道、廃棄物の処理:keyword■公共下水道や、廃棄物の処理など、遠くへ持っていって、一気に処理する仕組みは、系統電力と同じように便利ですが、合理的とは言いがたい仕組みのようです。ただ燃やすだけではなく、リサイクルすれば、少しは合理的になるのではないか、という風に工夫したつもりで実施された、廃棄物の処理の進化型ともいえる堆肥化施設であっても、東海大の高橋達先生の研究で、そ...

便利なことが必ずしも合理的ではない(その1)

■環境を救う建築、エクセルギー、系統電力:keyword■あけましておめでとうございます。大晦日から、飲みすぎ食べすぎの甘い生活を送っています。今日は2日。事始めです。原点をみつめることから始めようと思います放っておくと、甘く、怠ける方向に流れてしまう性分ですから、便利なものには飛びつきます。多かれ少なかれ、私たち人間にはそうした面が備わっているようです。そうした性分が、私たちが大きな思い違いをしていたこと...

Appendix

プロフィール

EXERGYHOUSE

Author:EXERGYHOUSE

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ FC2Blog Ranking 人気ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。