Entries

スポンサーサイト

エクセルギーハウス横浜

■「木を植える男キット」、世界遺産熊野の森、エクセルギーハウスでは、植物を大切にします。密集市街地に立地する等の理由から、どうしても植物とともにある様にできない場合には、「植物の機能」を大切にしています。この機能については、又、別の機会に触れたいと思います。植物、とりわけ森を大切にしたいものです。福西紘次氏は、世界遺産に登録された熊野の森を本拠とする「木を植える男」です。私は福西氏のお話を伺うのを...

冬のエクセルギーハウス(その1)

■部屋の暖め方、エアコンとの違い、太陽熱温水、ペレットストーブ:keyword■日本の建築には、長い歴史の中で、さまざまな勝れた技術が組み込まれてきました。しかし、ほとんど 検討されず、技術が導入されなかったポイントもあります。たとえば、西洋の暖炉や、韓国のオンドルのように、「部屋全体、あるいは建物全体を暖める」という文化は、概ね、無かったとしてよさそうです。あったのは、「暖をとる」に象徴される、「囲炉裏に...

ペレットストーブ(その3)

■バイオマス燃量、薪、チップ、ペレット、保管スペース:keyword■ペレットは全く扱いやすい燃料だと思います。手は汚れず、仮に飲み込んでも体に害はなく、自然の木の、癒しの香りがします。着火時には、煙が少々出ますが、それは煙突で外気に放出されますので、室内に影響しません。外気に対しても極めて短時間の放出ですので、今のところ、環境負荷として問題になるほどではありません、しかし、この点もさらに改良されるでしょ...

ペレットストーブ(その2)

■国産材、間伐材、森の運営、薪、チップ:keyword■国産材を使おう、間伐材を使おう、というスローガンを、よく見かけます。船の燃料をたくさん消費して遠くの木材を多量に使うよりも、近くの材料を用いた方が良いのは当然です。森の維持のためには間伐が必要で、その作業の手間代を獲得するために、間伐によって何らかの収入が得られればと考えるのも当然です。しかし、忘れてはいけないのは、外材の方が安かったゆえに国産材が売...

ペレットストーブ(その1)

■炎を楽しむ、地球環境対策、CO2ゼロ、燃料価格:keyword■寝る前に、頭を空っぽにしたいので、テレビをつけることがあります。何でも良いのです。うちの彼女には、「それのどこが良いの?」と言われますが、火曜?サスペンス劇場(毎日やっているのではないの?)など最高です。5分たつと寝てしまって、叱られています。そのテレビに換わる良いものが見つかりました。それはストーブの炎です。暖かさが、踊ってくれるのが楽しめま...

エクセルギーハウス伊豆

■食の安全、住の安全、環境を救う建築、参加、手作り模型:keyword■伊豆高原です。夏の暑さは気にならないということで、「冬の暖かさを、自然の恵みをうけとめて、すごそう」というお住まいです。私は、ずっと、生協活動に、縁がなかったのですが、2年前から東京の「生活クラブ」という生協の提携建築士も勤めています。参加してはじめて分かったことが沢山あります。喜寿を迎え、穏やかで上品に暮らしているご婦人たちにも、子育...

石造・木造・バナナ造

■10年保証、資材の生産・循環、建築の寿命、地域の風土、マダガスカル:keyword■建築物や料理は、かつて、「商品」とは言われていませんでした。そのことが時代遅れで、そのことが悪いことであるとされ、国をあげて、それらを商品として扱うように必死になってきたのが、この数十年間の一側面であったようです。保証制度の添加は、その締めくくりに近い現象といえそうです。住宅建築の10年保証が義務化されようとしています。「10...

あこがれの洋風

■憧れの洋風、本物、アメリカルート:keyword■西洋の文化も日本の文化も素敵です。私達、建築に関わる者が学習し、身に付けている「建築学」は、西洋の文化の結晶ともいえるものだと思います。同様に、日本に生れ、育ったことにより備わっている「地域らしい物の見方、考え方」も日ごろ活躍しています。ところで、西洋の文化については、この国に入ってきた経緯から、かなり歪んで理解され、展開されているようです。人気は博して...

古材、土壁

地域にはぐくまれてきた建築中仙道の蕨宿に、150年ほどたつ町屋が、大切にされていました。さすがに20年ほど使用されてこなかったこともあり、かなり傷んでいるところもありました。御主人は、何とかこの建物を残し、活用できないかと思っておられました。その実現に参加、お手伝いをさせていただいたときの話です。敷地の半分は道路が通ることにより失われます。残りの半分を生かす検討でした。1つの蔵と住まい部分は失われました...

エクセルギーハウス川越

「和」の暮らしエクセルギーハウス川越の打合せ。楽しい時間です。はじめての日のことを思い出します。「自然の恵みで暖冷房するの、いいですね。それに、排水は浄化したいし、非常時に飲める水があったらいいな、お風呂の水も有効に使おうよ」とご夫婦からの、お話です。「がんばって、おこたえしてゆこう」と、頭の中に、今まで育てていただいたさまざまな方を思い浮かべながら、そう思いました。お住まいの町かどにある、熱心な...

たまに、ありがたくフレンチ

うちでは、基本的に日本食です。たまに、フランス料理店にゆきます。そこがすばらしいのです。武蔵野の郊外にあります。けっして気取りません。けっして見せかけません。けっして繊細さを失いません。けっして乱暴になりません。旬の料理をだしてくれます。みずみずしい旬の素材です。旬の味付けをしてくれます。フランスにも四季があり、日本のフランス料理には、又それと違った四季があるのですね。たまにですから、遠くに思いを...

Appendix

プロフィール

EXERGYHOUSE

Author:EXERGYHOUSE

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ FC2Blog Ranking 人気ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。