Entries

スポンサーサイト

窓越緑視率の工夫アイデア(夏のエクセルギーハウスその4)

■緑のスクリーン、葦、すだれ、防犯を兼ねた格子建具のスクリーン:keyword■窓の外に見える景色が、ほとんど緑です、という「窓越緑視率が高い」町並みや、そのような庭に面したり、森の中に位置する建物の場合は、夏、窓辺りの工夫をしなくても涼しく過ごせるのですが、そのように恵まれてばかりはいません。そこでいろいろな工夫をします。写真のようにつる性の植物を窓外に這わせることが、小学校等でも実施され始めています。...

窓越緑視率(夏のエクセルギーハウスその3)

■暑さの原因、窓外の景色の善し悪し、「窓越緑視率」:keyword■暑さの原因になる要素はさまざまです。その主要な要因の一つに「景色の良し悪し」がある、という、「え?室内の暑さに室外の景観が関わる?それどういうこと?」、と問われるお話です。屋根、壁、床に比べ、窓は、10倍以上熱が出入りする要素なのです。したがって、室内を涼しく保つのには、天井、壁などに先立ち、窓周りの工夫を実施する必要があります。そして、...

天井や壁が冷えているとよい(夏のエクセルギーハウスその2)

■冷放射、keyword■夏、炎天下で、車に乗っています。エアコンで28度に冷やされていますが、熱く感じます。窓は当然、しまっています。その車がトンネルの中に入ります。すると、急に涼しさを感じます。窓は相変わらず閉まっています。急に空気が入れ替わることはありません。当然、風も入りません。室内の温度も28度のままで変わりません。いったいどうしてでしょう。それは、「放射」の現象によります。放射により涼しさを感...

夏のエクセルギーハウス(その1)

■暑さ寒さは何で感じるのでしょうか、「体感温度」、放射:keyword■夏になると、「室内を27度にしようか」「1度上げようか」と省エネを考える、このあたりの検討が日常的になされています。基準値にこだわる検討が、頻繁であればある程、忘れてしまうこともあります。そういえば、そよ風が抜ける部屋は涼しかったな。 からっとしていれば、室温が高くても暑くなかったなあ。 計測すると室温はあまりかわらないのに、なぜ民家...

お日様定規

■大切にしたい身近な資源性、陽の動き:keyword■お日様は、東から昇り、西に沈みます。あたりまえのことですが、知っているはずなのに、あまり良く知らないということは多いものです。では、本当にお日様はどこから昇っているのでしょう。夏と冬とでは大きく違うのです。地域によっても大きく異なるのです。夏は北東から日が登り、北西に沈みます。つまり、夏は、昇る陽も沈む日も、南側の窓から差し込むことは絶対になく、北側に...

エクセルギーハウス府中:お日様定規(その1)

■それぞれの暮らし、純粋芸術としての数学:keyword■エクセルギーハウス府中の計画が進んでいます。素敵なご夫妻です。ご主人は数学者です。建築は、現場や、社会のルールなどから切り離すことができませんが、根っこのところで、哲学、芸術と深くつながっています。「芸術」という言葉が、私たちの物質的豊かさの構築の過程で、その純粋さを失ってしまっていることなど、日ごろ、残念に思うことは、たくさんあります。 ところが、ここの...

我が家の木の花

■4階で自然を楽しむ、樹木の高さと建物の高さ:keyword■4階の窓は、こうした木の芽を観察するのに向いています。我が家は4階にあります。この木は鳥が、大地に、1階の庭に落していった種が育ったものです。15年くらいすればこのように窓辺で楽しめるような大きさまで育ちます。一般的な庭園樹は、大きくなりにくいものが多いのですが、地域の雑高木は、かなり早く育ち大きくなります。何とか歩いて行き来できる5階建程度の建物で...

Appendix

プロフィール

EXERGYHOUSE

Author:EXERGYHOUSE

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ FC2Blog Ranking 人気ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。