FC2ブログ

Entries

災害に備える

ハイチ地震
■日頃使っているもので備える:keyword■

写真は、ハイチで、被害にあわれた方の心の、深くをとらえようとしているように感じられます。ジャパンタイムスの記事の抜粋です。

阪神震災の時も、非常用水が、日常的にその存在を知る機会が無かったために、全く活用されなかった、というような事例が少なくなかったと聞きます。

非常のためのしつらえは、日常的に目に触れられる、手に触れられる、出来れば、日常的に使用しているものが、その際に活躍する、という仕組みが良いようです。

建物でいえば、日常のしつらえにも、充分な予算が掛けられないことが多いのですから、非常のためだけに費用を掛けてしまうと、日常の充実を損なう、本末転倒になってしまう恐れもあります。

木造を中心とする、日本の街では、地震の時もそうですが、火災に対する対策が重要です。

エクセルギーハウスでは、雨水をためてそれを上手に活用し、夏涼しく、冬暖かく過ごすことを基本にしています。したがって、非常時でも使える水が、変動はありますが1tから3tぐらい溜まっています。

1台の消防自動車が積んでくる水は、1、5tだそうですから、ほとんど1台分の水を建物が溜めておいてくれていることになります。http://architecta.blog64.fc2.com/blog-entry-84.html

日常、使っている存在が、非常の際に役立つしくみなのです。

いろいろと、考えておく必要があります。非常の際にはお湯が活躍する場面がたくさんあります。冬を暖かくする仕組みは、年中稼働できるようになっているので、ガスや100vの電気が建物に来なくなったとしても、太陽の恵みだけでお湯がいつでも出ます。

こういう知らせが、ずしんと重く感じられた時こそ、日常の雑事から離れて、こういうことを考える機会をいただいているのだなあ、と思う事にしました。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://architecta.blog64.fc2.com/tb.php/180-d109b027

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

EXERGYHOUSE

Author:EXERGYHOUSE

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ FC2Blog Ranking 人気ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード