FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://architecta.blog64.fc2.com/tb.php/194-b35804f9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C4] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

家庭排水を飲めるようにする(その1)

せり
■エクセルギーハウス川越、生態系づくり:keyword■

「家庭排水を、自然の力だけで、自分の家の庭で、飲み水に変える」

なんて、どういうこと、と思われるでしょう。これから夏に向けてこの事に触れようと思います。
エクセルギーハウス川越では、この仕組みの2号機が動き始めます。

庭に水路を用意して、そこに、家庭排水を流すと、水が自然にきれいになるという仕組みです。

自然に、とは言っても何もしないということではありません。「何もしない事が自然ではない」と言う姿勢は、私たちの暮らしを支える部分で沢山必要となっています。

縄文時代からの日本の多くの森は、人間の手が入って、自然な状態を維持してきたものだそうです。間伐や落ち葉拾いがそれです。

こういう自然は、安定していて、生物多様性に富んでいるのだそうです。その森から私たちは様々な惠を頂いてきたわけです。


水路も同じです。沢山の、そこに適した生き物たちに暮らしてもらうように、手をかけてゆくことが必要なのです。

そこで、こなぎ、おもだか、まつばえ、せり、まこも、クレソン、ミント・・・などの多くの植物が茂るようにします。

こなぎも、おもだかも食せます。つまりこれらのメニューは、ほとんど食用になります。

「手をかける」とは、どういうことか。一番重要なことは、これらが育ってきたら、しっかり収穫して調理して、自分たちで食べることです。

食べてあげないと、水路はこれらの草の密生で、水が流れなくなってしまいます。そうすると水路の機能が失われてしまうのです。

まだ、単調な水路ですが、春です。せりは育ち始めました。住まい手から勧めていただきましたので、喜んで収穫してきました。
これから夏に向けて、生態系を豊かにしてゆく事によって、きれいな水が生まれてくるようになります。おいおいその仕組みにも触れます。楽しみです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://architecta.blog64.fc2.com/tb.php/194-b35804f9

0件のトラックバック

1件のコメント

[C4] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

EXERGYHOUSE

Author:EXERGYHOUSE

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ FC2Blog Ranking 人気ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。